2017年第34回マイルチャンピオンシップの予想~エソラ

◎05サトノアラジン

ミスチルの曲に絡めて競馬予想。マイルチャンピオンシップは「エソラ」でサトノアラジンを本命に。

 

雨に濡れぬ場所を探すより 星空を信じ出かけよう

また今週末も雨模様。この秋のG1は雨、重馬場が多くて予想が難しい。今回の有力どころでもっとも道悪を気にするであろうサトノアラジン。きっと日曜には晴れ間がのぞいて馬場が回復することを信じ、本命に。

 

明日へ羽ばたく為に 過去から這い出すために

サトノアラジンの前走は天皇賞天皇賞からマイルCSに臨んだ馬の成績は過去5年で(1-0-1-3)とそんなに悪くない。2012年のサダムパテックが優勝している。気になるのは前走18着と最下位に沈んだこと。川田騎手もインタビューで答えている通り、走る気も、走らせる気も全くなく、ダメージはあまりないとみていいのではないだろうか。前走18着という最悪の過去から這い出し、不良馬場とは違う新しいステップを踏んでほしい。

 

メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ

ここ5年のマイルチャンピオンシップはすべてHail to reason系のサイアーラインを持った馬が優勝している。一昨年のモーリス(父スクリーンヒーロー)を除く他4頭はサンデーサイレンス系、そしてうち3頭はディープインパクト産駒。対象を3着以内馬に広げても、15頭中13頭がサンデーサイレンス系、うち7頭がディープインパクト産駒と、このサイアーラインは圧倒的な相性の良さを見せている。

そしてアラジンといえば魔法のランプ。メロディーラインならぬサイアーラインが放つカラフルな「魔法」のフレーズが、輝きを巻き散らしては僕らに夢を見せる。そんなマイルチャンピオンシップになる、それは絵空事でもなんでもない。

Aladdin, Rock me baby !!