2017年第42回エリザベス女王杯の予想 ~ fantasy or reality

◎17 ルージュバック

 

想像を超えた猟奇殺人さえ今や日常ドキュメンタリー

座間市の連続殺人事件が世間をにぎわす今日この頃。毎日新しい事実が報道されるけれど、免疫ができたのか右から左へ。いや、免疫ができたわけではなく、あまりにもrealityに欠けたfantasyだから、かもしれない。

 

 

各駅電車をジェットコースターにトランスフォーム

エリザベス女王杯の特徴は、非根幹距離のG1である、ということだろう。根幹距離と非根幹距離。1,600、2,000、2,400と主要なG1レースが実施される距離と、1,800、2,200、2,500などちょっと半端で主要G1が施行されない距離。

マンハッタンカフェ産駒は非根幹距離に強いと言われており、去年のエリザベス女王杯マンハッタンカフェ産駒の1-2着。ルージュバックも非根幹距離を得意にしており、戦績は(5-1-0-2)。一方で根幹距離の戦績は(1-1-0-6)と差は歴然。4勝している重賞も以下の通りすべて非根幹距離。

非根幹距離になるとルージュバック各駅電車をジェットコースターにトランフォームしたかのように激走するのだ。

 

知られちゃマズいたいそうな話は特にないけれど

オールカマーからのエリザベス女王杯もとても相性が良い。過去5年で(2-1-0-2)と勝率40%。一昨年はマリアライトヌーヴォレコルトの1-2着、3年前はラキシスが勝利している。

それ以外だと、府中牝馬ステークスから2勝。前走で非根幹距離のリズムに慣れた馬の好走が目立つ。

 

誰もが今もより良く進化してる

2歳時から大器と言われ続けてきたルージュバックも未だG1未勝利の「未完の大器」。エリザベス女王杯は過去10年で3歳4勝、4歳4勝と若い馬が活躍しているのに対して、ルージュバックは既に5歳。「誰もが今もよりよく進化している。そんな願いを、自信を、皮肉を道連れに」馬券を買おうと思う。

 

今年のエリザベス女王杯を勝利するのはルージュバック。それはfantasyではなく、realityである。たぶん。