【親子登山】Vol.03_鉄砲木ノ頭(明神山)~三国山/2つの山登りも富士山はまたも見えず

今回は2つの山を登る、ということにチャレンジしました。前回金時山に登った時に富士山が見られなかったのでリベンジしたい、ということでそこそこお手軽な登山コースを設定できそうな、鉄砲木ノ頭(明神山)~三国山にしました。2回山を登るので、距離は短めに設定。

鉄砲木ノ頭に向かう登り坂は階段が組まれているのですが、高さが結構あって、子どもの足の長さだと大変でした。何度か休憩しながらも、鉄砲木ノ頭の頂上に着いてからはずっと順調で登山自体は難なく成功し、2つの山を登っても息子は全然大丈夫でした。むしろ想定よりも早く終わってしまい、物足りなさそうでした。しかし期待していた富士山はまたも雲に隠れて山中湖しか見えず。。。また次回リベンジです。

 

鉄砲木ノ頭(明神山)~三国山の登山コースとデータ

パノラマ台に車を止めてスタート。鉄砲木ノ頭に登頂した後、三国峠まで下って三国山に登頂。来た道を戻って三国峠に出た後は車道を通ってパノラマ台に戻ってくるコースにしました。 

  • 登山日:2017年9月24日(日)
  • 所要時間:3時間28分
  • 活動距離:4.0km
  • 高低差:236m
  • 累積標高上り/下り:366m/364m

 

f:id:tsukasa5543:20171016233849j:plain

鉄砲木ノ頭~三国山登山ログ

 

登山時の子どもの服装と持ち物

前回の草津白根山ではなく、前々回の金時山登山のときに近い服装になりました。むしろ暑いくらいなので肌着はヒートテックではなくエアリズムに。 

  • 帽子
  • 半袖エアリズム(ユニクロ
  • 長袖Tシャツ(モンベル
  • パーカー(ユニクロ
  • ドライストレッチスウェットパンツ(ユニクロ
  • トレッキングシューズ用靴下(モンベル
  • トレッキングシューズ(モンベル/マリポサトレール Kid's)
  • リュック(MAMMUT)
  • 手袋(モンベル/サンダーパス グローブ)
  • トレッキングポール1本

 

f:id:tsukasa5543:20171016233622j:plain

今回の服装

 

今回の学びと次回に向けて

 

  • 2つの山登りも全く問題なし
  • 平坦~下りは地図上の参考時間と同じくらい、登りは2倍くらいの時間
  • 三国山の頂上は展望なし。頂上の展望を調べるのはマスト
  • 次回は距離6kmくらいで登り500mくらいにしたい
  • 縦走できるように電車でも行ってみたい
  • カメラ(一眼)を使えるが山頂くらいしかなくて悲しい

 

ということで、富士山が見られて電車に乗っていくのが良さそうな山を探して登ろうと思います。次回こそは富士山を見たい…!

f:id:tsukasa5543:20171016233601j:plain

富士山は見えず(山中湖は美しかった)

 

鉄砲木ノ頭(明神山)~三国山登山のタイムスケジュールと写真

  • 07:30 川崎発
  • 09:10 パノラマ台着。駐車スペースは10台程度で2-3台空いてました

f:id:tsukasa5543:20171016233617j:plain

パノラマ台の駐車スペース(一部)
  • 10:25 鉄砲木ノ頭(明神山)山頂到着。富士山は雲の中。

f:id:tsukasa5543:20171016233610j:plain

子どもには高い段差の登り道
  • 10:50 鉄砲木ノ頭(明神山)発。山中湖は見えました。

f:id:tsukasa5543:20171016233945j:plain

鉄砲木ノ頭山頂
  • 11:05 三国峠。ここにも駐車スペースが10台ほどありました。

f:id:tsukasa5543:20171016233712j:plain

三国峠
  • 11:45 三国山山頂到着。まったく展望はなく、ランチを楽しみました。

f:id:tsukasa5543:20171016233720j:plain

三国山までは林の中を
  • 12:10 三国山発。

f:id:tsukasa5543:20171016233716j:plain

三国山山頂
  • 12:25 三国峠。登りは40分かかったところを下りは15分。

f:id:tsukasa5543:20171016233728j:plain

三国峠の登山口
  • 12:45 パノラマ台。キャンピングカーで楽しむ人たちもいました。

f:id:tsukasa5543:20171016233700j:plain

車道をスイスイ
  • 13:00 石割の湯。良い感じのお湯でした!

f:id:tsukasa5543:20171016233855j:plain

石割の湯

 

 

 

 

 

 

2017年第22回秋華賞の予想

◎16ファンディーナ

〇07リスグラシュー

▲02ラピッドラン

△08カワキタエンカ

 

圧倒的な戦績のディープ産駒

ここ5年で4勝、2着も2回と圧倒的な成績を残しています。逆にノーザンダンサー系は(0-0-0-10)と全く馬券に絡んでいません。クロフネ産駒のアエロリットや、ハービンジャー産駒のモズカッチャン、ディアドラには不安なデータです。

 

前走はローズS紫苑S

ここ5年でローズS組が3勝、紫苑S組が2勝。とはいえ、前走ローズSが10頭、紫苑Sが4頭もいるので、まったく絞れません。。。一方でクイーンS組は(0-0-0-3)。

 

まとめ

ディープ産駒×ローズSで前走大敗のブラックスビーチを消し、騎手G1未勝利ということでカワキタエンカの評価を下げて、残ったのがファンディーナでした。岩田騎手は今日の府中牝馬Sも勝って好調。これで勝てば、G1はレッツゴードンキ桜花賞以来でしょうか。色々ありましたが、岩田騎手にはG1シーンに戻ってきてほしい!

 

「「挑戦を諦めない」DeNA南場会長の反省と覚悟」を読んで

コンテンツマーケティングにかかわる一人として、DeNAさんがWELQMERYで起こった問題をどう捉えていて、事業としてどう立て直していくか、ということに興味を持っていました。その観点で、10/11付で日経ビジネスに掲載された南場さんのインタビューを読んだ感想をまとめておきたいと思います。

business.nikkeibp.co.jp

 

WELQMERYなどキュレーション事業に言及された部分のまとめ

  • キュレーション事業は、自社にケイパがなく継続するのは難しいので諦めた
  • 失敗した主要因は知識の欠如であり、メンバーに悪意はなかった
  • 南場さんの自社への自信・過信により暴走を止められなかった
  • 再発防止策は経営による監視強化、デライト中心主義の浸透、次世代リーダーの育成

大まかにまとめると上記4点になります。

 

キュレーション事業問題の主要因と事業継続について

インタビューを読む限りでは、今回の問題は「知識の欠如」であると記述されています。何の知識のことを指しているか明示されてはいないのですが、著作権法や薬機法など法令の知識と思われます。一方で、法務部門からは買収時に指摘されていたということ、経営陣から現場に対して黒をグレーに(そして白に)という指示を出していたとの記述から、問題はみんな知っていた、と考えるのが妥当です。つまり、知識の欠如ではなく、知ってたんだけどスルーし続けたということです。組織文化の問題です。

再発防止策として掲げられている施策からも、DeNAさんが組織文化・システムの問題と認識していることは、ある程度明らかだと思います。「デライト中心主義の浸透」は、ビジネスだけではなく顧客価値をしっかり考えようというメッセージですし、次世代リーダーの育成については問題をスルーし続けない仕組みの一つ、と考えられます。

また、事業継続に関しては、ファクトチェックや著作権確認の難易度が高いため、諦めるということでした。ここに関しては、そういったチェックが不要だけど「白」な方法(コラムニストを多く抱えるとか)、コストをかけてでもペイできるマネタイズを考える、などもう少し挑戦しがいのあるテーマがあると思うのですが、DeNAさんとしては諦めて、既存のケイパを持った会社(小学館)とパートナーを組むことにしたとのことです。ここで、何か一工夫あれば参考にしたかったので、ちょっと残念でした。

 

コンテンツマーケティング担当者としての学び

今回の記事を読んでの学びは、「細部にまでこだわり、根拠なく楽観視しない」ということなんだなと思いました。とくにリーダー的ポジションにいるのであれば、ランダムサンプリングでもいいから記事を読んだり、折を見て企画書や指示書をチェックしたり、外部のパートナーさんの自組織に対して思うことを聞いたり、などなど行動し続けることで、リーダーが期待している方向に組織文化が醸成されていくのではないかなと思いました。

売上やPVなど結果指標に偏ったコミュニケーションだけでは、今回のDeNAさんのような組織文化になっていってしまうのだろうと思います。

 

おまけ

こういうインタビューで「夫の死」を持ち出すのは、ずるいよなーと思いました。もちろん、心中察しきれないほどの話だとは思うのですが、それとこれとは別で切り離してもらいたかったなと思います。

【親子登山】Vol.02草津白根山/霧深き2,000m級の高原ハイキング

2,000級の山に登ってみたいという息子の希望を聞き、初心者でも登れる山ということで地元群馬の「草津白根山」に行くことに決定。図らずとも日本百名山に登ることになりました。

台風が迫ってきてましたが何とか雨は降らず、しかし終始霧に包まれたハイキングでした。でも息子はあまり観たことのない高原の風景をとても楽しんでいました。また晴れているときに来たいなあと思います。前日の金曜夜に草津入りして素泊まりし、登山後は草津温泉で疲れをいやす、登山前後にも楽しめることがあって、良い登山でした。

 

草津白根山の登山コースとデータ

登山コースは草津白根レストハウスをスタートして、逢ノ峰を超えて、遊歩道最高地点までピストンするコース。

  • 登山日:2017年9月16日(土)
  • 所要時間:4時間23分
  • 活動距離:6.25km
  • 高低差:138m
  • 累積標高上り/下り:432m/427m

f:id:tsukasa5543:20171001140017j:plain



登山時の子どもの服装と持ち物

今回は標高が高く気温が低いことが予想されたので、厚手の服や重ね着できる服も少しリュックに入れて持っていきました。また、前回の反省を踏まえて化学繊維の服にそろえたところ、快適に登山できたようでした。※赤字が今回追加したアイテムです。

 

 

f:id:tsukasa5543:20171001135051j:plain

今回の服装のバックショット


今回の学びと次回に向けて

 

  • 会社終わった後に前泊するのは結構キツイ。草津まで遠かったこともありますが、都内は渋滞してますし、親子ともに疲れます。
  • 登りは大人の2倍くらいかかりますが、下りは大人と同等くらい
  • 手袋はとても安心感があってよかった
  • 下山後の着替えはスタッフバッグやビニール袋などでまとめておかないと大変
  • 標高が高いと紫外線がきつい。子ども用にもサングラスあったほうが良いかも

 

だいたい装備は一通りそろってきた感があります。次は、富士山が見えるところにリベンジしようと思います。そして家からも近いところで。

 

草津白根山登山のタイムスケジュールと写真

  • 7:30 宿発。レストハウスに近づくにつれて凄い霧でした
  • 8:00 草津白根レストハウス着。ひんやり肌寒い。
  • 8:15 登山スタート。かなり防寒をしっかりやりました。

f:id:tsukasa5543:20171001135204j:plain

登山スタート
  • 8:40 逢ノ峰。ちょっとした小屋があったので休憩。
  • 9:00 リフト乗り場。せっかく来たのでリフトはスルー。

f:id:tsukasa5543:20171001135413j:plain

良く整備されている遊歩道
  • 9:50 鏡池への分岐点を通過。この辺の景色は霧がかかってても素晴らしい

f:id:tsukasa5543:20171001135524j:plain

高原らしい素晴らしい風景
  • 10:10 最高地点に到着。ここでも霧がかかっててほぼ何も見えず。。。テーブルっぽい岩に座って早めの昼食。

f:id:tsukasa5543:20171001135617j:plain

最高地点の看板
  • 10:30 そこそこ寒いので早めに切り上げて下山開始。

f:id:tsukasa5543:20171001135722j:plain

霧、、、
  • 10:50 鏡池方面に向かおうと思いましたが、天気も良くないのでキャンセルして下山
  • 11:30 リフト乗り場。霧が晴れる瞬間もあったりなかったり

f:id:tsukasa5543:20171001135826j:plain

ちょっとだけ霧が晴れたけど
  • 12:00 逢ノ峰
  • 12:30 草津白根レストハウス。湯釜行こうと思いましたが、霧でまったく見えないという話だったので、ここで終了。

f:id:tsukasa5543:20171001135917j:plain

レストハウス近くでも霧で見えず

 

2017年第51回スプリンターズステークスの予想

◎08 レッドファルクス

〇11 モンドキャンノ

▲03 セイウンコウセイ

△13 ファインニードル

 

父はミスプロ

連覇したロードカナロア、去年のレッドファルクスなど、ややミスプロ系が優勢。サクラバクシンオー産駒はここ5年で0-0-0-13。

 

前走は重賞、とくにセントウルS

ここ5年、前走はセントウルS組が3勝もしているが、うち2勝はロードカナロアなので参考外かも。また、連対馬の前走は、キーンランドカップCBC賞高松宮記念函館スプリントS安田記念と、重賞に限られている。

 

まとめ

それらに当てはまりつつ、G1で勝負できるジョッキーということで、順位を付けました。戸崎騎手は、これだけ勝ってるのにもう1年以上G1勝ちがないんですね。

【親子登山】Vol.01金時山/濃霧で富士山は見えず

小1の息子と初めての親子登山で、箱根の金時山に登ってきました!初めてにしては結構きつかった登山で、へとへとになって下山して、帰りの車では爆睡。。。でも、とても達成感があったらしく、「次はどの山に登ろう~?」と楽しげな息子を見て、行ってよかったなーと思った登山でした。富士山がキレイに見えるということで選んだ金時山でしたが、あいにく霧が濃く出ていて富士山は見えず。

登山コースとデータ

登山コースは仙石原の登山口から登って(矢倉沢ルート)、公時神社に降りてくるコース。

  • 登山日:2017年9月3日(日)
  • 所要時間:5時間33分
  • 活動距離:4.8km
  • 高低差:540m
  • 累積標高上り/下り:547m/537m

    f:id:tsukasa5543:20170925010613j:plain

    金時山登山ルート

     

登山時の子どもの服装と持ち物

  • 帽子
  • 綿の肌着
  • 綿のTシャツ
  • 薄手パーカー(ユニクロ
  • 綿のロングパンツ
  • トレッキングシューズ用靴下(モンベル
  • トレッキングシューズ(モンベル/マリポサトレール Kid's)
  • リュック(MAMMUT)
  • トレッキングポール1本

f:id:tsukasa5543:20170925003027j:plain

子どもの登山時の服装(バックショット)

今回の学びと次回に向けて

  • 登山時間は標準時間の2倍ほどかかる
  • 高低差500mは今の息子の体力だとキツそう
  • 綿の衣服は汗を吸って寒くなってしまう(実際に下山時にお腹が冷えて腹痛をおこしてしまった)
  • 転んだり岩場を掴んだりするので手袋はあった方が良さそう
  • 大人もトレッキングシューズはあった方がよい(ランニングシューズで登ってしまった)
  • 水筒は必要性が薄い(開けるのに手間取る&重いので、ペットボトルで充分)

ということで、次回はもう少し高低差がなく2時間程度で登山できる山を探しつつ、化学繊維の服や手袋などを揃えることにしました。

 

金時山登山のタイムスケジュール

  1. 06:30 自宅出発
  2. 07:50 駐車場(金時ゴルフ練習所)着。500円を支払う。この段階で残り数台~10台くらい
  3. 08:00 駐車場発
  4. 08:15 金時山登山口到着。ローソンが目印。

    f:id:tsukasa5543:20170925003038j:plain

    金時山登山口
  5. 08:30 舗装された道から登山道へ

    f:id:tsukasa5543:20170925003044j:plain

    登山道への入り口
  6. 09:00 うぐいす茶屋到着。ご主人がみそ田楽をご馳走してくれる

    f:id:tsukasa5543:20170925003001j:plain

    うぐいす茶屋を振り返って
  7. 10:00 途中で何度も休憩して、公時神社ルートとの合流点へ

    f:id:tsukasa5543:20170925003010j:plain

    雲がかかってるけど、良い景色
  8. 11:00 金時山頂上へ

    f:id:tsukasa5543:20170925003023j:plain

    雲で富士山はおろか何も見えず、、
  9. 11:40 下山開始。まもなく冷えから腹痛を訴え始める
  10. 12:10 公時神社への分岐点。小休憩。

    f:id:tsukasa5543:20170925003014j:plain

    分岐点/合流点
  11. 13:10 金時宿り石に到着
  12. 13:40 無事下山。
  13. 14:00 「川涌の湯」に日帰り入浴して帰宅

 

 

【Thanksgiving 25】ミスチル8/5@日産スタジアムのセトリと印象に残った曲

8月5日に日産スタジアムで開催された「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」に行ってきました!1年に2回もミスチルのLIVEに行けるなんて幸せすぎます。席はアリーナだったけど後方すぎてミスチルを肉眼でとらえることはできず、、、その分、スクリーンや照明の演出を楽しみ、彼らの奏でる音を感じることに集中できました。

f:id:tsukasa5543:20170806184801j:plain

 

【ネタバレ注意】8/5@日産スタジアムのセットリスト

 

  1. CENTER OF UNIVERSE
  2. シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
  3. 名もなき詩
  4. GIFT
  5. sign
  6. ヒカリノアトリエ
  7. CROSS ROAD
  8. innocent world
  9. Tomorrow never knows
  10. Simple
  11. 思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~
  12. 365日
  13. HANABI
  14. 1999年、夏、沖縄
  15. 足音 ~Be Strong
  16. ランニングハイ
  17. ニシエヒガシエ
  18. himawari
  19. Printing
  20. Dance Dance Dance
  21. fanfare
  22. エソラ
  23. overture
  24. 蘇生
  25. ポケット カスタネット
  26. 終わりなき旅

 

東京ドームのセトリと比べると、3曲少なかったのかな?結構変更になってて、こんなに変更するなら、NOT FOUNDとか花とかI'll beとかくるみとかCANDYとかつよがりとか入れてほしかったなーなんて贅沢な希望を言いたくなります。

 

思い出の曲たち

ミスチルの過去の名曲たちを聴いていると、1曲1曲に思い出があり、当時の記憶が鮮明によみがえってきます。楽しかったこと、嬉しかったこと、つらかったこと、悔しかったこと、、、25年続いたバンドとともに生きてこなければ、こんな感覚を味わえなかった。本当に感謝です。

 

 

Tomorrow never knows

中学生の時、自分の将来をどうしようか考えていた時に出会った曲。塾から帰ってきて聴きこんでいた。「少しぐらいはみだしたっていいさ 夢を描こう」。今の自分はそのときに描いていた夢とは違うけど、楽しく暮らせています。

 

simple

ミスチルの中での決定的結婚ソング。bank bandでカバーした中島みゆきさんの「糸」が使われることが多いみたいだけど、simpleは圧倒的。サビの出だしのストレートな歌詞につづく「悲しみも連れ 遠回りもしたんだけど」っていうところが、色々なことを経験したうえでの愛情っていうのがシンプルに伝わってきます。

 

1999年、夏、沖縄

 

生まれた場所を離れ、夢からも遠くそれて、僕はどこにたどり着くのだろう。この曲を初めて聴いた10代だった頃には想像もしていなかった未来に生きる今、この歌詞が本当に胸に沁みました。たしかに夢からは遠くそれたけど、今はとても楽しく人生を過ごしていると思います。車窓に映る顔は、くたびれていないと良いなあ。

 

足音 ~Be Strong

「1999年、夏、沖縄」では夢からも遠くそれていたように思えたけど、夢見てた未来はそれほど離れちゃいないってことに気づく。社会人生活も10年以上過ぎたときにこの曲を聴き、色々な出会いや経験が、今の仕事に息づいていると感じた時、それほど離れちゃいないって思えます。

 

エソラ

新規開拓の大変な部署に異動する直前にリリースされたアルバム「SUPERMARKET FANTASY」に収録されていた曲。電話しても断られて、炎天下の中をアポイントに奔走して、精神的にも体力的にもきつかった時期に、心さえ乾いてなければどんな景色も宝石に変わるってポジティブな気持ちにさせてくれました。

 

終わりなき旅

やっぱりこの曲では涙ぐんでしまいました。難しく考え出すと結局すべてが嫌になってしまうから、なるべくそんなに考えないように。それでも不安や迷いが出てきてしまうけど、胸に抱え込んだ迷いがプラスの力に変わるように。辛い思いも、悔しい気持ちも、まとめてプラスの力に変えてくれる、本当に大切な曲です。

 

この25周年記念ライブ、2回も行けて幸せです。

 

6/30の東京ドームのセトリは↓

tsukasa5543.hatenablog.com