TBSドラマ「小さな巨人」が自分に合わなかった4つの理由

今更ながら、4-6月期のTBSドラマ「小さな巨人」の感想を。キャストや、脚本家などから「半沢直樹」を期待して観たドラマでしたが、ツッコミどころが多くて楽しめなかった派です。どこが自分には合わなかったのか、まとめてみます。

 

キーフレーズが多くて、効果が薄れてしまっていた

「倍返しだ!」のような名セリフにまで昇華しなかったのは、多すぎたからなのではないかなと思います。

  • 敵は味方のふりをする
  • ●●の気持ちになって考えてみた
  • ●●%の覚悟
  • 所轄は足しか使えない
  • 目を見て言ってみろ

などなど、捜査の心得的なものや、対決時の威圧的フレーズ、事件のヒントなどでした。「倍返しだ」のような自分の生き方、信条を強烈に表すフレーズのほうが、心に残りやすいのではないでしょうか。

 

主人公の推理が雑で、有能な警察官という設定と矛盾してしまった

毎回、小野田一課長を犯人、黒幕のように主人公は推理しますが、ことごとく外れていました。。。結局、小野田一課長の独白で真相に近づくこと位なります。また、味方のふりをした敵にも裏切られすぎており、さすがに、この主人公が有能な設定は無理があった気がします。

 

不可解なシーンが多くて(特に対決シーン)興ざめしてしまった

たとえば、対決シーンを作るために、一課長の部屋や、理事長の部屋に行ったりしてましたが、毎回そのタイミングで関係者が全員揃うという偶然。たとえば、小野田に救われた三笠ですが、すべて訳知り顔だったのですが、どうしてその前の取り調べのときにはあんなに狼狽えたのか。など、ドラマとしての演出なのは良いと思うんですが、ぼくにとっては逆に興ざめでした。

 

登場人物の心の機微、大切にしていることが伝わってこなかった

主人公も、山田も小野田も、結局なにを大切にしていたのか。それが関係者との協働や対決を通じて、どう変化していったのか、があんまりわかりませんでした。やっぱりドラマで一番観たいのは、そういった変化とその説得力なんだな、と再認識しました。

 

役者さんはとても素晴らしく、迫力、臨場感があっただけに、もっと自分好みの脚本であったらよかったのになあと思いました。

 

 

2017年第53回函館記念

◎09 スーパームーン

〇02 ダンツプリウス

 

血統はバラバラ

ここ5年の勝ち馬・2着馬の父はすべてバラバラ。いわゆる王道血統のディープインパクトハーツクライキングカメハメハなどは苦戦している模様。

 

前走は目黒記念

ここ5年、目黒記念からの臨戦で2勝していますが、今年は目黒記念組の出走はナシ。巴賞の3-8着辺りが穴をあけることがあるようだ。たとえば、、、

  • 2016年はケイティープライドが13番人気で2着(巴賞は6着)
  • 2013年はアンコイルドが7番人気で2着(巴賞は8着)
  • 2012年はイケトップガンが8番人気で2着(巴賞は5着)

勝ち切れていないが、穴としては面白そう。

 

まとめ

あとは騎手と斤量を考えて、スーパームーンを本命に。地味な函館記念

【Thanksgiving 25】ミスチル6/30東京ドームのセトリと印象に残った曲

6月30日に東京ドームで開催された「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」に行ってきました!このツアーに参戦しての感想は、ぼくの人生にミスチルが間違いなく彩りを加えてくれたということ。前に進むエネルギーを、立ち止まる勇気を、進むべき道を考えるヒントを。人生の岐路に、いつもミスチルがそばにいてくれました。CROSS ROADミスチルに出会い、そこから聴き続けてきて本当に良かった、そう思うライブでした!

 

6/30@東京ドームのセットリスト ※ネタバレ注意です

  1. CENTER OF UNIVERSE
  2. 箒星
  3. シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
  4. youthful days
  5. GIFT
  6. 君が好き
  7. ヒカリノアトリエ
  8. CROSS ROAD
  9. innocent world
  10. Tomorrow never knows
  11. 車の中でかくれてキスをしよう
  12. 思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~
  13. 抱きしめたい
  14. Any
  15. 名もなき詩
  16. 1999年、夏、沖縄
  17. こんな風にひどく蒸し暑い日
  18. ランニングハイ
  19. ニシエヒガシエ
  20. himawari
  21. 足音 ~Be Strong
  22. Printing
  23. Dance Dance Dance
  24. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
  25. fanfare
  26. エソラ
  27. overture
  28. 蘇生
  29. 終わりなき旅

ざっと3時間半!ほとんど歌いっぱなしです。最初から飛ばしてます。

 

個人的な聴きどころ

CENTER OF UNIVERSE

1曲目にこれを持ってくるとは!学生インターンで出会った友人に、「総ては捉え方次第だよ、ミスチルも言ってるじゃん」と言われて鮮明に憶えている曲。悩んだ末に出た答えなら、15点だとしても正しい。人生でもっとも悩んだ就活期に、この曲に出会えてよかった。

 

GIFT

北京オリンピックNHK主題歌だった曲。単に頂点を目指す戦いへの応援歌としてだけでなく、オリンピアンが背負うものの大きさ、対戦相手や周囲へのリスペクトや感謝、勝者と敗者に明暗が分かれる決着後の美しい姿まで表現されていて、オリンピックのいろいろなシーンを思い起こしながら泣ける名曲。そのほかにも、天賦の才と贈り物の2つの意味でGIFTを使って全体を構成してるところとか、本当に素晴らしすぎる曲。東京オリンピックも、ぜひGIFTをテーマソングに。。。

 

innnocent world

CROSS ROADで出会ったミスチルが次に送り出してきたイノワ。中学生だったぼくは、仲良かった女の子から借りたテープからダビングして、擦り切れるほど聴いた曲。いまだに、「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」はinnocent world。

 

名もなき詩

中学校を卒業するころにリリースされた曲。桜井さんの舌に「no name」と書かれただけのジャケットの印象がとても強い。中学生から高校生という多感なときに「知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中でもがいている」とミスチルが言ってくれて、みんなそうなんだってとても楽になった曲。

 

1999年、夏、沖縄

このLIVEでの泣き所のひとつ。曲の途中で桜井さんが、この曲の出た10周年の時を思い出して語りだします。10周年のときには、レコード会社のプロモーションだと斜に構えていて素直に喜べなかった。今、聴いてくれている人たちも、やがて去っていくのだろうと。しかし、25周年の今も、こんなに多くの人が聴いてくれている。。。。そんなこと言われたら泣いちゃいますね。世界一の酒は、必死で働いて何かしらの結果が出た時の酒です。それが良い結果でも悪い結果でも。

 

himawari

LIVEで初めて聴いた新曲。個人的には、hypnosisや少年に近い、静かな激しい感情を叙景的な表現で伝えてくるような曲に感じました。ミスチルが売れるきっかけになったCROSS ROADの「真冬のひまわり」と、25周年のhimawariの「暗がりに咲いてるひまわり」。普通の、真夏の真昼のひまわりと対極のひまわりを持ってくるところが詩的ですね。

 

終わりなき旅

ぼくの中で間違いなくミスチルNo1の名曲は終わりなき旅。人生の岐路に立つ大学受験のとき、センター試験に失敗したり、第一志望が落ちたりしたときにも、ずっとウォークマンで終わりなき旅を聴いて、自分を奮い立たせていました。それ以降、いろいろあるけれど、「胸に抱え込んだ迷いがプラスの力に変わるように」っていうのだけは意識して生きていたつもりです。

LIVEの最後、本当に魂を揺さぶられるような演奏でした。とくにナカケーが演奏する姿はすごかったです。

 

本当にこのLIVEに参戦できてよかった。ミスチルを好きでよかった。

 

2017年第58回宝塚記念の予想

◎10 キタサンブラック

〇07 レインボーライン

▲01 ミッキーロケット

 

父はステイゴールドディープインパクトキングカメハメハ

ここ5年で3勝のステイゴールドですが、ゴールドシップオルフェーヴルという異次元の馬。手堅いのはディープ産駒でほぼ毎年連対しています。あとはキングカメハメハドゥラメンテラブリーデイルーラーシップ

 

前走は天皇賞春、鳴尾記念目黒記念

着順関係なく、天皇賞春からのローテーションでの連対が多いです。鳴尾記念目黒記念組は連対必須です。逆に大阪杯からの直行は、ここ5年で3頭該当するも3着以内は0回。

 

まとめ

以上より、本命はキタサンブラック。対抗は迷いましたが、騎手の差でレインボーラインとしました。キタサンブラックにはきっちり勝ってもらって、ボーナスを手に凱旋門賞にチャレンジしてほしいと思います!

2017年・第67回安田記念の予想

◎16 ロゴタイプ

〇06 レッドファルクス

△10 クラレント

△13 ロジチャリス

 

ディープインパクト不振のレース

ここ5年、毎年勝ち馬の父親ローエングリンスクリーンヒーローハーツクライキングカメハメハシンボリクリスエスと別々。中長距離を得意とする血統が多いようです。一方で、ディープインパクト産駒は不振で(0-1-2-20)と連対率は4.3%。10年まで遡っても3歳馬のリアルインパクトしか勝ち馬がいません。

 

マイラーズカップからの参戦も不振

2年連続でダービー卿チャレンジトロフィーから参戦した馬が勝利しています。京王杯SC高松宮記念からも連対馬が出ています。逆に、マイラーズCからの参戦組はここ5年で(0-0-4-17)と連対すらしていません。

 

まとめ

非ディープで、かつ前走マイラーズCを避けると、実はあまり残らないのですが、その中でも中距離血統で、昨年覇者のロゴタイプを本命にしました。ルメール騎手の4週連続G1制覇がかかる、楽しみなレースですね。

2017年第84回東京優駿(日本ダービー)の予想

◎12 レイデオロ

〇07 アルアイン

▲18 アドミラブル

△01 ダンビュライト

 

父はディープ、ハーツ、キンカメ

さすが、東京2,400mという王道コース。ディープインパクトハーツクライキングカメハメハが勝ち馬を輩出しています。キングカメハメハ直仔のルーラーシップ産駒にも注目です。

 

皐月賞経由が圧倒的

ここ5年では7頭が皐月賞5着以内馬の連対。10年さかのぼっても、皐月賞6着以下で連対したのは、不良馬場だった2009年(勝ち馬ロジユニヴァース)のみ。素直に皐月賞組を信頼して良いレースだと思います。京都新聞杯から2頭、青葉賞から1頭の連対も生まれています。

 

 

そして騎手

上記から、本命はアルアインとレイデオロで迷いましたが、ヴィクトリアマイルオークスとG1連勝中の勢い、昨年のサトノダイヤモンドでの雪辱を晴らす意味でもルメール騎手に託します。勝ちに行く競馬を期待したいですね。

アドミラブルで大外枠に入ってしまったデムーロ騎手の手綱さばきにも注目したいですね。「やっぱりダービーこそが競馬だね」と思わせる、すばらしいレースを期待したいと思います!

2017年・第78回優駿牝馬(オークス)の予想

◎16 アドマイヤミヤビ

〇03 フローレンスマジック

アドマイヤミヤビの単勝とフローレンスマジックの複勝を買おうと思います。

 

父はディープインパクトorハーツクライ

過去5年で6連対のディープインパクト産駒。今年は2頭の出走でそれほど人気もない様子。ハーツクライ産駒は1勝のみですが、リスグラシューとアドマイヤミヤビの人気2頭が出走。

 

前走は桜花賞忘れな草賞。3着内ならフローラS

桜花賞組が過去5年で4勝(2着も3回)。フローラSからは、そこそこ人気薄が3着以内に入ってくることがあります。

 

まとめ

ソウルスターリングは正直よくわかりません。阪神JFの強さが桜花賞で見られなかったことと、距離延長不安から1番人気では買いにくいです。リスグラシューは当日の馬体重とテンションが気になります。

東京コース2勝の実績があり、NHKマイルカップ馬のアエロリットに勝利しているアドマイヤミヤビの単勝ディープインパクト産駒でフローラS組のフローレスマジック複勝という結論になりました。