2018年第35回フェブラリーステークスの予想

◎14ゴールドドリーム

◎14ゴールドドリーム

〇16サンライズノヴァ

▲06インカンテーション

☆08メイショウスミトモ

 

父はゴールドアリュール

ここ5年で(3-1-0-6)と圧倒的な戦績。今回は4頭出走しているが、前年覇者のゴールドアリュールを筆頭に。メイショウスミトモも人気はないが、父ゴールドアリュール×鞍上田辺騎手は、最低人気で勝ったコパノリッキーを思い出す。父フレンチデピュティクロフネを足すと(0-0-0-3)。出走数が少ないものの、父クロフネテイエムジンソクは思い切って無印に。

 

前走はチャンピオンズカップ東海S根岸S

ここ3年は、この3レースからのローテーションで3着以内を独占。前走川崎記念組は、最近10年に広げると(1-3-2-8)と3着以内率42.9%となる。根岸S組は出走頭数が多く、取捨がポイントになりそう。

 

まとめ

ということで、ゴールドアリュール×チャンピオンズカップということでゴールドドリームを本命に。ゴールドアリュール×根岸Sサンライズノヴァ。3番手はノコノユメとも迷ったが、東京ダート1,600mの同舞台である武蔵野S勝ちを評価してインカンテーション

 

【親子登山】Vol.07_景信山~小仏城山~高尾山/初の10km超え

新年明けて初の登山となった今回は「行程10kmを超えること」と「3つの山を登ること」の2つをテーマに設定して景信山~小仏城山~高尾山のピストンコースを選択しました。この時期になると、雪で登れないところもありそうなので、候補の山が少なくなってしまいます。

息子は10kmも何のその、最初の景信山の単調な登り後半で心折れそうになりましたが、それ以降は大人よりも早いペースで登ったり下ったりを繰り返し、想定より速いペースで下山することができました。子供の成長は本当に早いと実感します。

当日は天気にも恵まれて、気温こそ低めでしたが風がないので登り始めるとすぐに暑くなってアウターは不要になりました。眺望もとてもよく、とくに景信山からは富士山や丹沢の山々と、新宿や横浜といった都市部の景色の両方が堪能でき、素晴らしい山でした。高尾山はかなり整備されており、子どもも自販機があることにびっくりしていました。

 

景信山~小仏城山~高尾山の登山ルートとデータ

小仏バス停の先にある駐車場に車を停めて、そこから景信山~小仏城山~高尾山~小仏城山~下山というルートでした。最初は登りが続く上に、ちょっとコースを間違えてしまって体力を使いましたが、それ以外は程よく整備された登山道をアップダウンを繰り返しながら快適にハイキング。景信山だけでなく、途中の一丁平からの景色も良かったです。トイレも至る所にあり、かなり整備された山で、初心者向けと言われるも頷けます。

  • 登山日:2018年1月6日(土)
  • 所要時間:6時間01分
  • 活動距離:10.04km
  • 高低差:367m
  • 累積標高差:950m

 

登山時の子どもの服装と持ち物

サンタさんからのプレゼント、アンダーアーマーのアンダーウェアを着て初登山でした。ちゃんと暖かかったようで、途中からフリースすらいらないくらいに。さすが優秀なアンダーウェアです。

  • ニット帽(SUBARU
  • ネックウォーマー(puma/フロンターレ
  • トレッキンググラス Kid's(モンベル):ほぼ使用せず
  • コールドギアアーマーLSモック(サッカー)1305632(アンダーアーマー
  • ジオライン-ライトウェイト下(モンベル
  • 長袖Tシャツ(モンベル
  • フリース-クリマプラス100(モンベル
  • ドライストレッチスウェットパンツ(ユニクロ
  • トレッキングシューズ用靴下(モンベル
  • トレッキングシューズ(モンベル/マリポサトレール Kid's)
  • リュック(MAMMUT)
  • ライトウインター トレッキング グローブ(モンベル
  • トレッキングポール1本 

f:id:tsukasa5543:20180108215837j:plain

登山開始時の服装

今回の学びと次回に向けて

  • 家でトイレ(大)を済ませていく
  • 次回も引き続き1,000m累積で登る&10kmくらい歩くコースを設定したい
  • 写真のバリエーションを増やしたい

 

景信山~小仏城山~高尾山登山のタイムスケジュールと写真

  • 09:00 小仏駐車場をスタート。落ち葉が敷き詰められた登山道からスタート

f:id:tsukasa5543:20180108215842j:plain

林の中を抜けて
  • 10:25 景信山山頂到着。チョコ食べながら小休憩。

f:id:tsukasa5543:20180108215830j:plain

まっすぐに伸びる木々
  • 10:45 景信山出発。ここで体力も回復。

f:id:tsukasa5543:20180108215939j:plain

都心を望む
  • 11:10 小仏峠着。計画からの遅れを取り戻すべく下山。

f:id:tsukasa5543:20180108215934j:plain

いいお天気の中で
  • 11:40 小仏城山到着。ここも見晴らしがよいところでした。

f:id:tsukasa5543:20180108215931j:plain

松の向こうに富士山
  • 11:50 小仏城山出発。チョコ食べながら小休憩。
  • 12:40 高尾山山頂到着。ランチ。人があふれていて山頂感はゼロ。

f:id:tsukasa5543:20180108215927j:plain

人ごみの山頂
  • 13:20 高尾山出発。途中で行きにすれ違った人に声かけてもらった。

f:id:tsukasa5543:20180108215920j:plain

一丁平からの丹沢の山々
  • 14:25 小仏城山。夕暮れが近く、相模湖に太陽が反射していた。

f:id:tsukasa5543:20180108220516j:plain

相模湖が太陽に照らされていた
  • 14:45 小仏峠。高尾山からの帰りはほぼノー休憩で。
  • 15:05 駐車場。笑顔でゴール!

 

景信山の駐車場(小仏駐車場)について

15台ほど停められそうなスペースがあります。9時頃に駐車場に到着しましたが、まだ5-6台は停められそうでした。駐車場までの道のりは、車1台くらいの横幅しかない上にバスが通るので、すれ違うのも結構大変でした。また、小仏バス停より先では、登山者が広がって歩いてたりもしました。

Googleマップでは「小仏峠の入り口駐車場」として出てきます。高尾山ICから車で20分ほどです。

https://goo.gl/maps/N3rpGduNJR42

f:id:tsukasa5543:20180108221304j:plain

15台ほど停められそうな駐車場

 

2017年第34回ホープフルステークスの予想

◎09 サンリヴァル

◎09 サンリヴァル

〇05 トライン

▲15 ジャンダルム

 

父はディープとキングカメハメハ

中山2,000mのホープフルステークスを過去5年さかのぼると、ディープインパクト産駒(2-2-1-6)と好走歴が多い。キングカメハメハ産駒は(1-0-3-1)で、昨年は後のダービー馬レイデオロが優勝している。今年はディープ産駒は05トラインのみ1頭。キングカメハメハ産駒の出走はないが、直仔ルーラーシップ産駒は03ウォーターパルフェ、09サンリヴァルの2頭。

一方で、ハーツクライ産駒の成績は(0-0-0-3)と振るわない。

 

前走は新馬

一昨年まで4年連続で新馬戦を勝ってこのレースに臨んだ馬が勝利している。今回の出走馬のうち新馬戦勝ちは05トラインと13ステイフーリッシュ。去年のレイデオロ葉牡丹賞からのローテーションだったが、今年該当馬はナシ。が、中山2,000mからの参戦、とすれば09サンリヴァルが該当する。また、ここ3年のホープフルSは、前走1着馬が1-3着まで独占している。

 

騎手などまとめ

トラインが有力ではあるものの、関西所属の北村友一騎手の中山での成績がよくないのとG1未勝利のため本命にはしにくい。一方で、09サンリヴァルの田辺騎手は関東所属で中山での成績も良いので、サンリヴァルを本命に。あとは血統的には相性の良くないサドラーズウェルズ系ではあるものの、唯一の重賞馬である15ジャンダルムを単穴に。ちなみに3頭とも無敗馬である。

2017年第62回有馬記念の予想

◎02 キタサンブラック

◎02 キタサンブラック

〇08 レインボーライン

▲01 ヤマカツエース

 

圧倒的な実績のステイゴールド産駒

ここ10年で4勝。オルフェーヴルの2勝、ゴールドシップドリームジャーニー。今年はレインボーラインのみがステイゴールド産駒である。また、ディープインパクト産駒は2014年にジェンティルドンナが勝利するまで苦戦し続けたが、昨年2016年のサトノダイヤモンドでも勝利して傾向が変わってきたのかもしれない。ディープ産駒はミッキークイーンのみだが、ディープの全兄ブラックタイド産駒としてはキタサンブラックが出走予定。

一方で、ハーツクライ産駒はここ5年で(0-1-0-7)と苦戦が続く。人気のシュヴァルグランとスワーヴリチャードがハーツ産駒である。

 

前走は菊花賞ジャパンカップ

菊花賞からの参戦で(2-1-1-2)と好成績だが今年は出走なし。次点のジャパンカップ組は(1-2-3-24)。一方でエリザベス女王杯からは(0-0-0-7)。遡ればブエナビスタダイワスカーレットエリ女から2着しているが、2頭とも牡馬相手に互角以上のレースをたびたび演じてきた歴史的牝馬。今回の出走馬に歴史的牝馬と言える馬は見当たらない。

 

まとめ

ここ数年のディープ産駒の好走傾向と前走ジャパンカップからの臨戦で、素直に本命はキタサンブラック。いつの間にか単勝1倍台の人気馬になり、いろいろなドラマを背負った馬。有終の美を飾ってほしい。対抗はステイゴールド産駒でレインボーライン。単穴として、キングカメハメハ産駒はあまり好走歴はないがヤマカツエースを選択。昨年の有馬記念4着で先着したサトノダイヤモンドゴールドアクターが出走せず、1枠でキタサンブラックの後ろをぴったりマークして抜け出すという、去年の天皇賞春のカレンミロティックのようなレース運びを池添騎手が再現すれば面白い。

2017年第69回朝日フューチュリティステークスの予想

◎05 ケイアイノーテック

◎05 ケイアイノーテック

〇10 ステルヴィオ

▲01 ダノンプレミアム

 

種牡馬ディープインパクトキングカメハメハ

阪神競馬場に舞台を移してからの3年分のデータを見ると、ディープインパクト産駒(サトノアレス、ダノンプラチナ)が2勝、キングカメハメハ産駒(リオンディーズ)が1勝。中山競馬場で行われていたころと比較すると、いわゆる王道血統の馬が優勝するようになった。ディープ産駒は01ダノンプレミアム、05ケイアイノーテック、キングカメハメハ産駒は出走してないが直仔のロードカナロア産駒が2頭、10ステルヴィオと12ダノンスマッシュ。

 

前走はベゴニア賞と新馬

前走ベゴニア賞から2勝、新馬戦から1勝してるのだけど今年は出走せず。2着まで広げると、京王杯2歳Sが1回、デイリー杯2歳Sが2回。京王杯からは03タワーオブロンドン、06アサクサゲンキ、11カシアス。デイリー杯からは02フロンティア、04ケイアイノーテック。

 

まとめ

両方満たしている05ケイアイノーテックを本命に。前走は新馬戦勝ち後の長期休養明けで22kg増加という状態で、最後の直線もしぶとく伸びて3着に入っている。その上位2頭もこのレースに出走してきてないので、ここはチャンス。

1番人気の川田ジョッキーは人気馬に乗り続けているが、G1はあまり勝ててない印象。今年はサトノアラジン安田記念、昨年はマカヒキでダービー、一昨年はモーリスで安田記念ラブリーデイ宝塚記念、3年前はハープスター桜花賞。年間1勝するのも大変ではあるけど、これだけの馬たちに乗ってたら、むしろ複数勝ててないのは不思議。ということでダノンプレミアムは単穴に落として、Cデムーロ騎手のステルヴィオを対抗に。

2017年第69回阪神ジュベナイルフィリーズの予想

◎18 ロックディスタウン

◎18ロックディスタウン

〇17コーディエライト

▲11ラッキーライラック

 

種牡馬ディープインパクトステイゴールドダイワメジャー

ここ5年でディープインパクト産駒の戦績は(1-1-1-4)、ステイゴールド産駒の成績が(1-1-1-5)と高い複勝率を誇っている。ダイワメジャー産駒は好走率は低いが一昨年に優勝馬メジャーエンブレムを輩出している。オルフェーヴルは今年の新種牡馬なので実績はないが、ステイゴールドに近いと考えると好走しても不思議はない。

 

前走は重賞、とくにアルテミスステークス

アルテミスステークスからの参戦は(1-3-1-12)と高い連対率。ファンタジーステークス札幌2歳ステークスから1勝ずつ。ここ5年の連対馬10頭のうち、前走重賞が7頭。一方で新馬戦や未勝利戦からの連対はナシ。ブエナビスタの仔、ソシアルクラブは厳しそう。

 

騎手はルメール

秋のG1戦線、以下の通り8戦中7戦を外国人騎手が制覇しており、連対に広げても、10/16と外国人騎手フィーバーが続いている。リーディング上位の日本人騎手である戸崎騎手は半年くらいG1どころか重賞も勝っておらず、福永騎手もあれだけいい馬に騎乗しながら今年G1未勝利(重賞3勝)。今週は有力騎手が香港に行っているため、外国人騎手はルメールのみだが、あっさりルメールが勝利しそう。

 

 

 

 

2017年第18回チャンピオンズカップの予想~HANABI

◎11 アウォーディー

ミスチルの曲の歌詞を絡めての競馬予想。今回は2008年リリースされた33枚目のシングル「HANABI」とチャンピオンズカップ

 

もう一回 もう一回

前年の好走馬から優勝馬が出るケースが多い。昨年優勝のサウンドトゥルーは一昨年3着。一昨年優勝のサンビスタは3年前に4着。3年前の優勝馬ホッコータルマエは4年前に3着(4年前は阪神コースだけど)。昨年好走馬からと思ったけど、アスカノロマン以外はみんな出走してきてるので、もう少し絞りたい。

 

手に入れたものと引き換えにして 切り捨てたいくつもの輝き

血統的背景において、好走馬に共通点はあまり見られない。一方で前走JBCクラシックで勝てなかった馬が3年連続で優勝している。JBCクラシックの勝利と引き換えに、サウンドトゥルーの末脚は鈍ってしまう、ということか。

 

誰も皆 問題を抱えている だけど素敵な明日を願っている

上記条件に当てはまるのはアウォーディーを本命に。高齢という問題はあるものの、そのほかの馬も一長一短あってオッズも割れている。

そういえば今日のJリーグでは川崎フロンターレが5-0で大宮を下し、鹿島が磐田と引き分けたため、劇的な逆転初優勝を遂げた。そしてこの試合でハットトリックを決めた小林悠選手は、こちらも2点差を逆転して得点王を初受賞。アウォーディーとは受賞者。フロンターレ小林悠選手のように逆転で中央G1初制覇、という素敵な明日を願って。