2017年第37回ジャパンカップの予想~GIFT

◎04 キタサンブラック

ミスチルの曲を絡めて競馬予想。今回は2008年オリンピックのNHKテーマソングだった「GIFT」から、ジャパンカップの本命はキタサンブラック

 

「生まれた意味」を知りたいって言うけど

ディープインパクト産駒の成績はここ5年で(3-2-1-10)と素晴らしい成績。2014年のエピファネイアを除く9頭の連対馬サンデーサイレンス系。ネオユニヴァースハーツクライステイゴールドブラックタイドと中長距離系に強い、いわゆるスタミナ系のサンデー産駒が席巻している。一方で、キングカメハメハ産駒は3着が精いっぱい、ノーザンダンサー系は3着にも入れていない。

しかし、ディープの獲得賞金の1/10だった兄のブラックタイドが、ディープの獲得賞金を超える息子を輩出するとは。偉大なる弟と同等かそれ以上の能力を持っていることを、キタサンブラックが証明することが、生まれた意味なのかもしれない。

 

地平線の先に辿り着いても 新しい地平線が広がるだけ

前走天皇賞秋からのローテーションが、ここ5年では(3-1-4-23)と相性が良い。とはいえ、天皇賞秋優勝馬によるジャパンカップ制覇は、2004年のゼンノロブロイ、2000年のテイエムオペラオーまで遡る。天皇賞秋優勝という地平線の先に辿り着いて、ジャパンカップという新しい地平線を目指す。キタサンブラックはきっと、「まだ歩き続けたい」と言っているはずだ。

その2頭はジャパンカップを勝って続く有馬記念も制覇した。キタサンブラックが同じ道をたどれば、テイエムオペラオーを超えて歴代獲得賞金TOPに立つ。さらなる新しい地平線を目指してほしい。

 

「白か黒で答えろ」という 難題を突き付けられ

今回は難題ではない、答えは「黒」。キタサンブラックは黒帽の2枠4番。

 

2017年第34回マイルチャンピオンシップの予想~エソラ

◎05サトノアラジン

ミスチルの曲に絡めて競馬予想。マイルチャンピオンシップは「エソラ」でサトノアラジンを本命に。

 

雨に濡れぬ場所を探すより 星空を信じ出かけよう

また今週末も雨模様。この秋のG1は雨、重馬場が多くて予想が難しい。今回の有力どころでもっとも道悪を気にするであろうサトノアラジン。きっと日曜には晴れ間がのぞいて馬場が回復することを信じ、本命に。

 

明日へ羽ばたく為に 過去から這い出すために

サトノアラジンの前走は天皇賞天皇賞からマイルCSに臨んだ馬の成績は過去5年で(1-0-1-3)とそんなに悪くない。2012年のサダムパテックが優勝している。気になるのは前走18着と最下位に沈んだこと。川田騎手もインタビューで答えている通り、走る気も、走らせる気も全くなく、ダメージはあまりないとみていいのではないだろうか。前走18着という最悪の過去から這い出し、不良馬場とは違う新しいステップを踏んでほしい。

 

メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ

ここ5年のマイルチャンピオンシップはすべてHail to reason系のサイアーラインを持った馬が優勝している。一昨年のモーリス(父スクリーンヒーロー)を除く他4頭はサンデーサイレンス系、そしてうち3頭はディープインパクト産駒。対象を3着以内馬に広げても、15頭中13頭がサンデーサイレンス系、うち7頭がディープインパクト産駒と、このサイアーラインは圧倒的な相性の良さを見せている。

そしてアラジンといえば魔法のランプ。メロディーラインならぬサイアーラインが放つカラフルな「魔法」のフレーズが、輝きを巻き散らしては僕らに夢を見せる。そんなマイルチャンピオンシップになる、それは絵空事でもなんでもない。

Aladdin, Rock me baby !!

【親子登山】Vol.05_大菩薩嶺/初めての快晴に感動

今回の登山テーマは過去最長の距離、累積標高差の登山ルート、そして紅葉を愛でること。

過去最長の8km、累積上り600mの登山コースも、息子は難なくクリア。登山ルートの紅葉は終わりかけでしたが、快晴の山頂から眼科に広がる山々は色づいていました。富士山をはじめとして、八ヶ岳聖岳など日本を代表する山々も遠景に望み、本当に素晴らしい景色でした。ぜひまた登りたい、これまでの中で断トツ1位の山でした。

10月の土日はほぼ雨天で迎えた3連休。むちゃくちゃ混むことを予想して塩山温泉に前泊し、7時過ぎには上日川(かみひかわ)峠の登山口に到着しましたが、駐車場は結構いっぱいでした。登山ルートはかなり整備されていて、歩きにくいところや迷うところは殆どなく、子どもからシニアまで楽しめる山だと思います。山頂は眺望が良くないですが、山頂手前の雷岩のところが開けていて絶景です。スペースも広いので、多くの人が食事をとったり景色を眺めたりして楽しんでいました。

 

高川山の登山ルートとデータ

上日川峠~福ちゃん荘~唐松尾根~雷岩~大菩薩嶺山頂~雷岩~大菩薩峠~福ちゃん荘~上日川峠の周回ルート。唐松尾根から雷岩の近くは結構急な登りで息子も苦労していましたが、それ以外は特に問題なし。雷岩~大菩薩峠はずっと眺望が良く楽しめて本当に楽しい山登りでした。

  • 登山日:2017年11月5日(日)
  • 所要時間:5時間8分
  • 活動距離:8.06km
  • 高低差:478m
  • 累積標高差:592m

f:id:tsukasa5543:20171115005444j:plain

登山時の子どもの服装と持ち物

前回から1か月空いたことで、すっかり冬の様相。事前の天気予報によると山頂付近は9時で0度&10mの風だったので、防寒対策としてアンダーウェアとフリースを購入して臨みました。結局、すぐに暑いと言ってシェルは脱ぐことになりましたが、山頂ではシェルを着てちょうどよかった感じでした。しかし、殆ど近くのモンベルで買ってるため、モンベル率が高くなってきました。

  • ニット帽(SUBARU
  • ネックウォーマー(ブランド不明)
  • トレッキンググラス Kid's(モンベル
  • ジオライン-ライトウェイト上下(モンベル
  • 長袖Tシャツ(モンベル
  • フリース-クリマプラス100(モンベル
  • ドライストレッチスウェットパンツ(ユニクロ
  • トレッキングシューズ用靴下(モンベル
  • トレッキングシューズ(モンベル/マリポサトレール Kid's)
  • リュック(MAMMUT)
  • ライトウインター トレッキング グローブ(モンベル
  • トレッキングポール1本

 ※赤字が今回追加したものです。

f:id:tsukasa5543:20171115005315j:plain

出発時の服装

 

今回の学びと次回に向けて

  • 次回は800~1,000mくらい累積で登る山にしたい
  • モンベルの温度計は可読性が悪く使い物にならない
  • 日帰りだと中央道は朝も夕方も混むので前泊は正解
  • 周りの低山の紅葉もキレイ
  • 広がる山々を判別できるようになりたい
  • フリースは偉大

そろそろ雪で登れない山も増えてくるので、ギリギリ雪が降らないところで、そこそこ体力を必要とするところか、紅葉真っ盛りのところに登りたいなーと思いました。

 

大菩薩嶺登山のタイムスケジュールと写真

  • 06:45 宏池荘(塩山温泉郷の宿)を出発
  • 07:15 上日川峠の第3駐車場着。ほぼ満車。
  • 07:20 駐車場スタート。そこそこ寒い。
  • 07:30 ロッヂ長兵衛。公衆トイレに入る。

f:id:tsukasa5543:20171115005309j:plain

既に上着やネックウォーマーは脱ぎました
  • 08:00 福ちゃん荘。公衆トイレに入る。

f:id:tsukasa5543:20171115005302j:plain

雷岩手前の眺望も素晴らしい
  • 09:20 雷岩。眺望最高。

f:id:tsukasa5543:20171115005259j:plain

長い霜柱
  • 09:35 大菩薩嶺山頂。眺望悪くすぐに折り返し。
  • 09:45 再び雷岩。ここでランチ。

f:id:tsukasa5543:20171115005255j:plain

雷岩からの眺望
  • 10:20 雷岩出発。大菩薩峠方面の眺めも良い。

f:id:tsukasa5543:20171115005414j:plain

下りも歩きやすい
  • 11:10 大菩薩峠。記念撮影と登頂記念バッジ購入。

f:id:tsukasa5543:20171115005401j:plain

気持ちの良い稜線

f:id:tsukasa5543:20171115005454j:plain

大菩薩峠から東側の山々も美しい
  • 12:00 福ちゃん荘。

f:id:tsukasa5543:20171115005449j:plain

いいペースで下山
  • 12:20 ロッヂ長兵衛。
  • 12:25 駐車場着。3連休最終日で中央道混雑を見越して即帰宅

 

2017年第42回エリザベス女王杯の予想 ~ fantasy or reality

◎17 ルージュバック

 

想像を超えた猟奇殺人さえ今や日常ドキュメンタリー

座間市の連続殺人事件が世間をにぎわす今日この頃。毎日新しい事実が報道されるけれど、免疫ができたのか右から左へ。いや、免疫ができたわけではなく、あまりにもrealityに欠けたfantasyだから、かもしれない。

 

 

各駅電車をジェットコースターにトランスフォーム

エリザベス女王杯の特徴は、非根幹距離のG1である、ということだろう。根幹距離と非根幹距離。1,600、2,000、2,400と主要なG1レースが実施される距離と、1,800、2,200、2,500などちょっと半端で主要G1が施行されない距離。

マンハッタンカフェ産駒は非根幹距離に強いと言われており、去年のエリザベス女王杯マンハッタンカフェ産駒の1-2着。ルージュバックも非根幹距離を得意にしており、戦績は(5-1-0-2)。一方で根幹距離の戦績は(1-1-0-6)と差は歴然。4勝している重賞も以下の通りすべて非根幹距離。

非根幹距離になるとルージュバック各駅電車をジェットコースターにトランフォームしたかのように激走するのだ。

 

知られちゃマズいたいそうな話は特にないけれど

オールカマーからのエリザベス女王杯もとても相性が良い。過去5年で(2-1-0-2)と勝率40%。一昨年はマリアライトヌーヴォレコルトの1-2着、3年前はラキシスが勝利している。

それ以外だと、府中牝馬ステークスから2勝。前走で非根幹距離のリズムに慣れた馬の好走が目立つ。

 

誰もが今もより良く進化してる

2歳時から大器と言われ続けてきたルージュバックも未だG1未勝利の「未完の大器」。エリザベス女王杯は過去10年で3歳4勝、4歳4勝と若い馬が活躍しているのに対して、ルージュバックは既に5歳。「誰もが今もよりよく進化している。そんな願いを、自信を、皮肉を道連れに」馬券を買おうと思う。

 

今年のエリザベス女王杯を勝利するのはルージュバック。それはfantasyではなく、realityである。たぶん。

【親子登山】Vol.04_高川山/ようやく拝めた富士山!

今回の登山のテーマは「電車」「カメラ」「富士山リベンジ(3回目)」

今までは車で登山口まで行っていましたが、それだとピストンか周回の登山ルートに限られてしまうので、縦走にもチャレンジするためには、電車で行くとどんな感じなのかを知っておきたいと思いました。また、カメラをリュックに固定するホルスターを導入して、スマホでなく一眼での撮影にチャレンジ。そして今度こそは富士山を拝む…!

結果的には、電車は混雑していて殆ど座れず。行き帰りの電車を座れないのは、子どもにとってはかなりのストレス。次回からはやっぱり車かな。カメラホルスターは、ちょっと固定感が微妙なものの、さっと取り出せて撮影できるのは素晴らしいです。そして、ついに富士山を拝めました…!

 

高川山の登山ルートとデータ

電車で初狩駅まで行ってスタート。登りは女坂を選択して頂上へ。体力あれば大月駅まで縦走しようと思いましたが、ぬかるみなどもあったのでおとなしく来た道を下山。女坂ではなく、沢コースを下って初狩駅でゴール。

  • 登山日:2017年9月30日(土)
  • 所要時間:5時間17分
  • 活動距離:6.52km
  • 高低差:525m
  • 累積標高差:582m

f:id:tsukasa5543:20171030003754j:plain

高川山登山ルート

登山時の子どもの服装と持ち物

そこそこ良い天気だったので、ほぼパーカーを着ることなく長袖1枚で充分でした。トレッキンググラスは初でしたが、活躍してました。

  • 帽子
  • トレッキンググラス Kid's(モンベル
  • 半袖エアリズム(ユニクロ
  • 長袖Tシャツ(モンベル
  • パーカー(ユニクロ
  • ドライストレッチスウェットパンツ(ユニクロ
  • トレッキングシューズ用靴下(モンベル
  • トレッキングシューズ(モンベル/マリポサトレール Kid's)
  • リュック(MAMMUT)
  • 手袋(モンベル/サンダーパス グローブ)
  • トレッキングポール1本 

f:id:tsukasa5543:20171030003522j:plain

今回の服装と装備

今回の学びと次回に向けて

  • 念願の富士山!
  • 電車は座れない(特に中央線特急の下りは激混雑です)
  • 電車で行くと適当な温泉に入れない(子供は温泉が好きです)
  • カメラホルスターは固定感がイマイチも撮影シーンは増えた
  • 距離6km、高低差600mくらいなら余裕で登れるようになった
  • 下りは転ぶ(子どもは20回以上転んだ)

ようやく富士山を拝むことができました!が、しばらくは電車で行くことはないでしょう。次回はもう少し距離を伸ばすか、高低差がある登山ルートを考えようと思います。そろそろ紅葉のシーズン、行きたいところは多くて迷ってしまいます。

 

高川山登山のタイムスケジュールと写真

  • 06:15 川崎発
  • 08:20 初狩駅着。立川~大月の特急が激混雑。もう乗らない。
  • 08:30 スタート。いきなりちょっとコース間違った。
  • 09:00 駐車場&トイレ。4-5台くらい停められそう。

f:id:tsukasa5543:20171030003527j:plain

駐車スペース

f:id:tsukasa5543:20171030003518j:plain

高川山登山口を登る
  • 09:35 男坂・女坂分岐点

f:id:tsukasa5543:20171030003513j:plain

女坂でも子どもにとっては急こう配
  • 10:05 沢コースとの合流点

f:id:tsukasa5543:20171030003505j:plain

ロープをたどって細い道を渡る
  • 10:35 男坂との合流点

f:id:tsukasa5543:20171030003703j:plain

もうすぐ山頂!
  • 11:00 高川山山頂到着 → ランチ

f:id:tsukasa5543:20171030003659j:plain

念願の…富士山!

f:id:tsukasa5543:20171030003654j:plain

下山開始
  • 12:50 沢コース分岐点

f:id:tsukasa5543:20171030003650j:plain

下りでは何度も転倒…

f:id:tsukasa5543:20171030003646j:plain

何もないけど味のある駅

 

 

 

 

2017年第156回天皇賞・秋の予想

◎07 キタサンブラック

〇14 サトノアラジン

▲13 グレーターロンドン

 

ディープ産駒は2着が多い

ここ5年で2着4回。優勝したのは伏兵のスピルバーグ。好走はするものの勝ちきれない、という印象です。

 

前走は毎日王冠

ここ5年は(3-1-3-20)。一方で毎日王冠1着馬の優勝は2009年のカンパニーまで遡ることに。2,3着馬のほうが好走しているようです。宝塚記念からの直行も最近は優勝ないですが、2010年のブエナビスタ、2007年のメイショウサムソンと、当時の最強馬なら勝ち切れるとも解釈できます。

 

安田記念天皇賞

安田記念天皇賞秋を両方勝つ馬も珍しくありません。いずれも名馬ばかりですが、モーリス、ジャスタウェイウオッカダイワメジャーアグネスデジタル

 

まとめ

現役最強馬のキタサンブラックを本命、安田記念馬×ディープ産駒のサトノアラジンを対抗としました。

2017年第78回菊花賞

◎08サトノアーサー

〇15ダンビュライト

▲16アルアイン

△13キセキ

 

前走神戸新聞杯組が圧倒

ここ10年で8勝、2着6回と圧倒的な戦績。さらに神戸新聞杯3着以内は確度高い。

 

主役はサンデー系

ここ5年での連対馬10頭のうち、8頭がサンデー系のディープ、ステイゴールドブラックタイドスペシャルウィークネオユニヴァースとスタミナ系サンデー。残り2頭はロベルト系。

 

まとめ

神戸新聞杯3着以内×サンデー系(ディープ)×重馬場好走歴の3つからサトノアーサーを本命にしました。神戸新聞杯は4着でしたが重馬場好走歴のあるダンビュライトを二番手に、セントライト記念からですがディープで重馬場好走歴もあるアルアインを三番手評価。キセキは神戸新聞杯最上位の2着ですが、夏にさらに2走しており、タフな馬場では難しいと思って評価を下げています。